未分類

タバコ嫌いには意外とキツい - シンガポールの喫煙事情

投稿日:

こんにちは、マサヒロです。

シンガポールに来て約2年になります。当地で働くことが決まった時、ささやかながら期待していたことがありました。

シンガポールなら大嫌いなタバコの煙に悩まされることはないんじゃないか?

というものでした。

日本でも知られてきているように、シンガポールは屋内での禁煙が徹底されています。国中が清潔であることでも知られ、ゴミのポイ捨て、歩きタバコ等には罰金が課せられます。チューインガムは国内に持ち込むことさえできません。

実際タバコの値段も日本より高いのだし、これだけ清潔で先進的な国なのだから、タバコなんかと無縁の気持ち良い生活を遅れるんじゃないか...?と期待していたわけです。

この辺りについて、同じような疑問をお持ちの方のために現住者の視点からお答えします。

シンガポールの喫煙事情の実際

結論からいうと、期待は儚く散りました。シンガポールに来てから最もウンザリしている点です。

日本より酷いくらいです

屋内で禁煙が徹底されいることは確かに本当です。お陰で職場での仕事中やショッピングモールでの買い物中等にタバコの煙に悩まされることはありません。

問題なのは、

そもそも喫煙者が多い

これは僕の観測範囲の話になってしまいますが、日本と比べて喫煙者が多い印象です。

統計上の喫煙率は年々低下しているハズなのですか、職場の20代の同僚にも喫煙者がびっくりするほど多く、正直ちとツライです...。

屋外に喫煙可能な場所が多い

屋内は喫煙禁止でも、屋外は喫煙可能な場所だらけです。写真のような灰皿が街中に大量に設置されています。

極めつけに耐え難いのは、建物の入口付近、MRTの入口付近、バス停等、移動の際に不可避な場所に特に多いことです。受動喫煙を避けるのは実質不可能です。

歩きタバコ(違法)が多い

歩きタバコ、違法なハズなんですけど、毎日見ます。さすがにその場に警官でもいれば控えるのでしょうが、罰金制度も形骸化してしまっています。ツライです。。

対策

屋内に限れば、何の対策もいりません。評判通り、禁煙が徹底されています。

問題は屋外での受動喫煙ですが、いちいち注意したり警官に通報したりするわけにもいきません。

  • 住居を決める際、周囲の喫煙者の多さをざっとでも歩いて確認しておく
  • 周囲の喫煙スペースを把握して、可能な限り避ける

くらいしか実質対策しようがありません。。悲しい。。

オマケ

タバコ、大嫌いなので、かなり辛辣に書いてしまいましたが、シンガポールそのものは総じて暮らしやすい国で割と気に入っています。

シンガポールの良い点については下記記事をご参照いただけると幸いです。

シンガポールが暮らしやすい理由9選 + デメリット

Let's Enjoy Better Life !

-未分類

Copyright© Let's Enjoy Better Life ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.