未分類

シンガポールの電源プラグ、コンセント、変圧器等について

更新日:

こんにちは、マサヒロです。

シンガポールで働き始めてちょうど2年が経ちました。

今回は、シンガポールで電化製品やスマートフォン、PCを使う時にも必須の電源やプラグ、変圧器について取り上げていきます。

電圧、プラグの基本データ

  • 電圧は 230V / 50Hz
  • プラグは四角形の穴が3つのタイプ(BF型)が一般的
  • 一部には丸穴が3つのタイプ(B3型)もある
  • 日本の電気製品をそのまま使う場合には変圧器が必要

はい、日本の電化製品はそのままでは使えません。英国が誇る角型三本ピンタイプ(BF)がシンガポールの標準です。忍者のマキビシのような形状で、3本の内2本が電源として使われ、一本がアース線です。

合理的なことで有名なシンガポールで何でこんな壊れやすい規格を標準にしているのか個人的には不思議なのですが、イギリスと由縁の深い国だからでしょうかね。。

変圧器はどうする? - 短期滞在なら大抵はホテルで借りられる

短期滞在の場合

ほとんどのホテルで貸し出しサービスがあるので、基本的に事前に何か準備する必要はありません。もちろん日本で予め準備しておくこともできますが、現地の空港やコンビニ、電化製品店ですぐに調達できます。

中長期滞在の場合

現地で購入した製品の場合には↑の写真のように最初から三つ穴対応なので、当然何の問題もありません。写真は現地でiPhoneを購入した場合に付属している充電器。

日本から持参した製品の使用には↑写真のような変圧器が必要になりますが、近所のローカルな電化製品店で2 SGD(160円)くらいですぐに買えてしまうので、心配ありません。

まとめ

  • シンガポールの電源/プラグはイギリス式の3つ穴タイプ
  • 日本の電化製品はそのままでは使用不可
  • 短期滞在の場合はほとんどの場合ホテルで変圧器を借りられるので事前準備不要
  • 中長期滞在の場合でも簡単に安く変圧器を購入できるので心配ない

オマケ

シンガポール関連では以下のような記事も書いているので、併せて読んでいただければ幸いです。

シンガポールが舞台の漫画5選 + 関連書籍4冊

シンガポールで快適にWi-Fiを使うならスタバよりマックに行くべき3つの理由

シンガポールが暮らしやすい理由9選 + デメリット

タバコ嫌いには意外とキツい - シンガポールの喫煙事情

海外でクレジットカード払いする時は日本円決済?それとも現地通貨決済?

 

シンガポールのセントーサ島の水族館シー・アクアリウムは世界最大級

同性愛禁止のシンガポールでLGBTや同性婚についてつらつら考える

 

Let's Enjoy Better Life !


-未分類

Copyright© Let's Enjoy Better Life ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.